外部業者にプラットフォームを握られるということ

By | 7月 11, 2014

ベネッセの個人情報漏洩が問題になっている。くわしいことはまだわからないが、外部のシステム業者だとすると、かなり根本的な問題のような気がする。日本においては、組織のプラットフォームの構築は、たいてい外部の業者に委託するものである。自分たちの組織のデータベースやサイトであるにもかかわらず、ルート権限が外部業者に握られている。これって、根本的にまちがいだという思いは、アマゾン上陸以前に開業したネット書店「ビーケーワン」の外部編集者として痛感したことである。システムやプラットフォームは内製化しているのが望ましい。しかし、それはそれで問題が多い。悩ましいところである。