ふたつのKeynote

By | 7月 27, 2014

オープンキャンパスのためのプレゼン用ファイルをマックのKeynoteで作成した。iPadでプレゼンしようと思ったのだ。ところが、同じKeynoteと言ってもMacOSX用のものとiOS用のものとに互換性のないことが判明。よく見るとアプリの投稿欄にはちゃんと書いてあったのだが、先入観というもので、同じ名前なら当然同じファイルが使えると思い込んでいたのだった。仕方なく、PDFで再生することにしたものの、巻物みたいになってしまうのでイマイチ。今日はやむなくパワポ用に変換して、iPadで使えるKS Officeアプリをインストールして、それで再生してみたら、なんとかなった。Keynote for iOSぐらいの名前にしてくれたら、はじめからわかったのになあ。ゼミではプロジェクターにアダプターをつけて、みんなのiPadをとっかえひっかえして映写しながら議論を進めることがあるので、ついつい油断をしてしまったということか。アップルにはときどき裏切られるなあ。