まだアナログRGBしかない場所が多すぎる。

By | 12月 10, 2015

問題はプロジェクターとの接続である。iPhoneは新しいものでも接続ケーブルがある。なるべくHDMIを使うようにしている。これなら音も出る。問題はウインドウズ10搭載の新モデルの場合で、まだまだ残存しているアナログRGBとの接続が問題になる。新しいノートブックは、こんなのついていない。

完璧なスペックはこれだ。これはHPのものから。

インターフェイス : アナログRGB ミニD-sub15ピン×1、
HDMI 出力端子※12×1、USB3.0×1、USB2.0×2、
ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1

しかし、これだけの装備となると、こうなる。
サイズ (幅x奥行きx高さ) : 約 345 x 241 x 23.9 mm
質量 : 約1.94kg

こんな重いパソコンなんか持ち歩きたくない。私はできればスマホでプレゼンしたい派なのだ。スマホならWi-Fiのないところでもクラウドを使える。

業務上Windows10を試してみたいのだ。できればそれでアナログRPG問題を解消したい。研究費の残りは5万円。自分が使うだけでなく、学生たちが案外古いスペックのものを持参する時代になったので、それにも対応したい。ケーブルはたくさん買ったが、それでも対応できないことがあるんだよね。